プライバシーポリシー サイトマップ

TOP ≫ 業務案内 ≫ 衛生管理業務


給水・排水・空気環境・ねずみ等の防除・廃棄物処理など、建物内の環境を衛生的に管理し、また衛生管理法に基づき測定・点検等を行っております。


■貯水槽清掃

1年以内に1回清掃を行う必要があり、毎日使用していても槽内は少しずつ汚れてきます。また清掃と同時に、給水ポンプ・その他付帯設備の点検、槽内消毒・水質検査を行い、建物にいるだれもが安心して飲める水をサポートして行きます。

■飲料水水質検査

ビル内の飲料水を採水・分析(省略不可項目・重金属・蒸発残留物・消毒副生成物・トリハロメタンなど)し、水質基準に対する適合を検査し、必要に応じて改善処理をいたします。
その他、井戸水・クリーングタワー冷却水・プール水・工場排水の水質分析やホルムアルデヒド及び揮発性有機化合物の測定、土壌・汚泥の分析も行います。

■給水管洗浄

蛇口を開けると茶色の水が出たり、金具の回りが茶色になっている時は、管内部で発生した錆や水垢詰りなど、目に見えない管内部で汚れが進んでいる場合がありますので、洗浄作業を行います。

■排水管洗浄

台所の油分・洗濯の洗剤・綿ゴミなどさまざまな物が流れ込み、次第に有機物が付着、推積して管を狭めボコボコ音や詰りの原因にもなります。また管が詰まったりすると漏水や逆流事故等の被害が他におよぶ事もあるため、定期的に洗浄作業を行います。(台所・浴室・洗面台・トイレ等・縦管・横引き管を、スネークワイヤー等により、高圧洗浄機で作業いたします。)

■汚水・雑排水・湧水槽清掃

槽内は悪臭発生・チョウバエや蚊が発生したり、ポンプなどを詰まらせるようなグリース・ボロ布・その他固形物等などある場合があり、ポンプの機能不全・損傷の主因ともまります。
その他、槽内清掃と共にポンプ・羽根車・軸受・制御用スイッチ・その他付属設備の点検も同時に行います。

■空気環境測定

特定建築物において的確に維持管理されているか確認するために、2ヶ月に1回空気環境測定(浮遊粉塵・一酸化炭素・炭酸ガス・湿度・相対湿度・気流・照度)を実施することが定められています。測定によって得られてデータを解析と評価を十分行い、また問題点が発見された場合は、原因究明調査や改善に向け調査をおこないます。
その他、大気汚染防止法に基づくボイラー煤煙測定やダイオキシン測定分析なども行います。

■冷暖房空調機清掃

定期的にフィルター清掃・点検、場合により分解洗浄を行うことで、設備の維持や省エネや臭い等を未然に防ぐことができます。(室内機・外機のファン・ドレンパン・パネル・熱交換器等を洗浄します。)

■ねずみ・害虫等駆除

ネズミや害虫(ゴキブリ・ダニ・ハエ・カなど)の駆除は発生源や通路などを的確に見極めることが重要になり、防除・駆除対象や各施工ポイントにマッチした薬剤等を使用し、安全で効果的な対策を行います。
その他、器物や建物の汚損を始め生活環境に様々な影響を引き起こすハト・カラスなども法律に基づいて防除を行います。

■産業廃棄物処理

産業廃棄物の不適切な処理による環境汚染や不法投棄問題などの解決のため、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託する際に、マニフェスト(産業廃棄物管理表)を使用致します。


▲このページのTOPに戻る


TOP会社概要業務案内求人情報MAPお問い合わせ
Copyright© URBAN Building Management Co.,Ltd. All Rights Reserved.